↓VRをクリック

BIM CASE STUDIES
BIM設計による具体事例
分かりやすい建築設計

A邸改修計画

郊外住宅地マンションのリニューアル計画です。まず竣工図と現地調査を元に既存建物のBIMモデルを作成し、その既存建物BIMモデルを用いて計画案を検討しました。計画案がどのようなイメージになるかを視覚的に依頼主と確認を行うことができる為、設計者と依頼主とで出来上がりイメージを共有することができます。また既存躯体位置と既存スリーブ位置を3Dにて確認しながら設備計画を行いました。平面図だけでは分かりにくい躯体と計画配管との高さ位置関係も3Dで確認することにより効率よく計画を行うことができます。

クライアントが分かりやすい
■計画平面図を3Dで確認!
設計者が細部の収まりを確認すると同時に依頼主と出来上がりのイメージを共有します。
BIMモデルを3Dプリンターにて出力する事で、より様々な人と出来上がりのイメージを共有する事が出来ます。
i意匠担当・設備担当が共に分かりやすい
■3Dにて視覚的に設備計画を確認
既存躯体と計画配管との干渉を確認しながら効率よい設備配管計画を行います。
主婦にも分かりやすい
■電気コンセント・スイッチ位置などについても3Dで高さ位置等を視覚的に確認
平面図と3Dが連動している為、リアルタイムに位置を確認できます。
平面図だけでは分かりにくかった高さ位置関係も視覚的に確認できます。
デベロッパーにも分かりやすい
■材料数量と工事費をリアルタイムに確認
入力したBIMモデルは数量表と連動している為、常にどのような材料がどの程度の数量使われているかを確認することができます。また、資産管理データにも使用することが出来ます。